お役立ち情報

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

カテゴリー

月別記事一覧

【第92回エコラム】公害防止管理者試験の解答3の正解率は??

先日、テレビを見ていて面白い企画がありました。
それは、ZIPという番組の「HATENAVI(ハテナビ)」というコーナーで「ザ・確立」というものです!
いろいろなものの確立を調べるという企画で『金のエンゼル』が出る確率などを調べていました。
その中に、4択の試験で3番だけを選んだ時、正解率は?というものがありました。
なかなか興味深い内容です!
調べ方としては、センター試験対策の全国模試で英語、世界史、地理など4択問題の多い8科目の3番の正解率を調べるという方法です。
結果、275問中75問!確率はおよそ27.3%というものでした。

なぜ、3番の正解率が高いのか予備校や学校の先生に4択問題で正解にしやすい番号を調査したところ3番と答えた方が74人中36人もおられました。
「考えさせるために後半に設定したくなる」「選択肢をある程度 読ませて答えさせたい」など心理的な理由が多かったようです。

ってことで、公害防止管理者試験はどうなんだろうと思い、早速調べてみることに!!
ちなみに、公害防止管理者試験は4択ではなく5択問題です。

結果はどうでしょうか?

平成25年の試験の解答で調べてみました。
解答3が正解だった確率は以下の表のとおりです。

33%が一番高く、平均で20%という結果になりました。

う〜ん。微妙な結果です。

出題者心理が働いて、問題を読ませるため、後半に正解を持ってくるのであれば、5択問題の公害防止管理者試験は正解4の方が多いのではないかとも考え確立を出してみました。

32%が1番正解率が高いですが、平均すると21%。正解3よりは少し高いですが、ほぼ一緒と考えていいぐらいの差しかありませんでした。

今回は平成25年試験の解答のみで確立をだしてみたので、複数年分調べると、また違う確立になるかもしれません。

ただ今回の結果として、公害防止管理者試験に関しては、正解が分からなかったら3を選べという作戦は使えそうにないです。
やはり、試験当日までにきっちり勉強して試験に臨む必要があるようです。
 

コメント
コメントする