お役立ち情報

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カテゴリー

月別記事一覧

2016年度 公害防止管理者受験体験談(ダイオキシン類) 追加

H28年度 公害防止管理者試験(ダイオキシン類)の受験体験談を追加しました。

 

------------------

ダイオキシン類体験談(人生色々さん)
(人生色々さんの過去の体験談はこちら→大気1種水質1種騒音・振動


(使った教材)
1.技術と法規(ダイオキシン版)
2.正解とヒント 2冊(22〜24年、25〜27年年度のもの)

(試験結果)
28年度
ダイオキシン概論  12/15 合格
ダイオキシン特論  15/25 合格

いつもながら、ギリギリばかりですが・・・これで合格となりました。

(勉強の経緯)
・騒音・振動と同じやり方でと技術と法規、正解とヒントに絞って28年1月くらいから始動しました。
・技術と法規を読むのみ(音読)からスタートして今回はちょっと早めに3月くらいから正解とヒントの過去問題も解き始めました。正解とヒントは、結局9回解きました。やり方は問題を5問解いて5分か7分技術と法規を音読という感じです。技術と法規は3回音読しました、加えて本文とは別に法令部分を試験直前に3回音読しました。


(感想)
・今回は比較的順調に準備できましたが、やはり最初はやる気がなくて、進みが遅かったです。毎日少しづつとおもってましたが、ブランクが空いてしまうこともしばしばだったと思います。
・今回もお盆休みと9月の連休はほぼ缶詰め状態で勉強してました。
・問題集は9回解きましたが、その正答率は1回目が概論43%(6年分通算)、特論36%(6年分通算)、最後の9回目は概論94%(同じ)、特論97%(同じ)でした。結局100%にはできなかったです。これにこだわり過ぎた感じも今はしています。
・試験後は自己採点通りならギリギリ合格かなぁ?という感じでした。それでもそんなに自信はなかったです。
・ラッキーマークとかは今回はあまり意識しませんでしたが、過去問だけじゃダメじゃないの?とも思ったりしました。それは今回の試験問題は特に特論で技術と法規の文言そのものを出題するものが増えていたように感じたからです。言ってみると「重箱の隅をつつく」ような問題です。このため自分としては技術と法規を音読していたことが役立ちましたが、全部覚えこめるわけもなく、過去問を解いたときに過去問の正解ばかりを追わず、その周辺も技術と法規でみておくべきだったと思いました。よって、技術と法規を入手してこれを参照しながら(過去問の周囲を含めて)勉強することは合格には今後必要なことになるだろうなと思います(最新版がいいと思います)。それと特論に関していえば計算問題は例年1、2問出ています。今回もやはり出ていて個人的にはこれをとれたので合格圏に入れたと思います。

・総じて今回は反復回数と音読でなんとかかんとか合格できたなぁと思っています。これが自分のスタイルなのかもしれません。

自分勝手な感想で恐縮ですが、どなたかに役立てばと思います。

さて、これで大気一種水質一種騒音・振動、ダイオキシンの公害防止管理者試験に合格できました。主任管理者が残ってますが、緩和措置があるらしいので、一応これで一区切りかなぁと思っています。50歳超えてこの資格を4分野取り切れてなんだか自信になりました。


コメント
コメントする