お役立ち情報

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

カテゴリー

月別記事一覧

【体験談】H29年度 公害防止管理者 大気4種

平成29年度 公害防止管理者等国家試験 大気4種の体験談をおっさんさんからいただきました。

これらの受験を考えておられる方の勉強方法の参考になればと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

大気4種体験談(おっさんさん)

試験の状況(大気4種受験)
公害防止管理者試験大気関係合格テキスト(青山 芳之著、オーム社)過去の10年分の問題を覚えて、1年目(1回目)は受験しました。

(結果)
公害概論(9問正解)、大気特論(12問正解) 合格 大気概論(5問正解)、ばいじん粉じん特論(4問正解)は不合格でした。

(対策)
内容を理解するため、合格テキストの文章、表、章ごとのまとめの項目をひたすら書いて理解をして覚えるようにしました。
ばいじん粉じん特論は範囲が広いので、ばいじん一般粉じん特論の問題(過去7年)の問題を解きました。(出題傾向が違っているので、勉強になります。)
1ヶ月前に準備講習に行っていた後輩に講習で使用したテキストを借りました。」
講習では大切な部分を言っていたおり、蛍光マーカーで重要な項目に印があったので、重要部分をひたすら書き出して覚えるようにしました。少しずつ内容が理解できるようになりました。
今年のばいじん粉じん特論は記憶していれば9問は暗記の試験だったので、努力が報われる問題ばかりでした。 問2はひたすら計算して合計を求めるもので、問3はZの式さえ覚えていれば
解ける問題でした。 石綿の計算はばいじん一般粉じん特論で類似の問題があったので、時間をかければ解ける問題でした。他は過去の設問に類似したもので、クリソタイルの内容は昨年の出題の復習して白石綿、茶石綿、青石綿他に3種類を覚えていれば、すぐに溶ける新問題でした。
大気概論
問2の粉じん設備に誤りがなかったので、数字の誤りがあるかを考えました。
全部正しい、バケットコンベアーの容積0.03立方メートルが0.3と思って選択しました。
ベルトコンベアーバケットコンベアーの注釈部分に誤りがあったようで、偶然正解を選ぶ形になりました。
問5の一般環境大気局と自動車排気ガス測定局の%の数値が入れ替わっていることに気付かず 92.5%達成率が誤りと判断して3を選びました。(5が正解でした。)
問8のハロンの濃度の推移はHCFC-22が後発と推理してHCFC-22の発生が遅い選択肢2 CFC-12、CFC-11、HCFC-22の順を選びました。
表が混みいっているのででないと思っていました。
この3問以外はまとめに載っている内容だったので、安心できました。有害大気汚染物質 指定物質4点は覚えていて良かったです。指標植物等、特定物質はでなかったので残念でした。
会社の設備上大気4種があれば十分なのですが、大気有害物質特論を読み始めました。
読み始めたばかりですが、粉じん装置の原理等の記述があり、大気4種の試験に関係ないのですが、集じん機の原理を理解するためには一読しておいた方が良いかもしれません。
最後に追い込みの1ヶ月で後輩の講習のテキストを使用しました。そこで思った事は時間とお金に余裕があれば、講習を受けると内容が理解できるのではないかと思います。
同時期(別会場)の後輩も今回の試験で合格ラインに達しているようです。


コメント
コメントする