お役立ち情報

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カテゴリー

月別記事一覧

【問4】平成29年度 公害防止管理者試験 公害総論解説

【問4】平成29年度

 公害防止管理者試験 公害総論解説

平成29年度公害防止管理者試験公害総論の解説を解説をしています。

 

【問 4】

問 4  特定工場における公害防止組織の整備に関する法律に関する記述として,誤っ ているものはどれか。

 

⑴この法律は,公害防止統括者等の制度を設けることにより,特定工場における公害防止組織の整備を図り,もって公害の防止に資することを目的とする。

⑵特定工場の対象業種は,製造業(物品の加工業を含む。),電気供給業,ガス供給業及び熱供給業である。

⑶公害防止統括者は,当該特定工場においてその事業の実施を統括管理する者をもって充てなければならない。

⑷常時使用する従業員の数が 20 人以下の特定事業者は,公害防止統括者を選任する必要はないが,これには例外が定められている。

⑸特定事業者は, 2 以上の工場について同一の公害防止管理者を選任してはな らないが,これには例外が定められている。

 

【解答】(4)

 

特に例外はないので、(4)は誤り。

 

常時使用する従業員の数が20人以下である小規模事業者は、公害防止統括者を選任する必要はないが(法第3条第1項、令第6条)、この場合の従業員の数は、事業者が使用する従業員のうち個々の工場に配置されている従業員の数でなく、事業者が常時使用する従業員の総数である。したがつて常時使用する従業員の数が20人以下の工場であつても、その事業者に別に工場がありその事業者が常時使用する従業員を合計すると21人以上になる場合には、その事業者は、それぞれの工場について公害防止統括者を選任しなければならない(環境省HPより抜粋)。

 

公害防止統括者、公害防止主任管理者、公害防止管理者の違いについても

覚えておいてほしいと思います。

 

以下は、環境省のホームページからの抜粋です。

 

 

 ・公害防止管理者講座の紹介

 ・公害防止管理者の教材

 

【各種紹介コード】

 ⇒こちらに私の各種招待コードをまとめています。


コメント
コメントする