お役立ち情報

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

カテゴリー

月別記事一覧

【問7】平成29年度 公害防止管理者試験 公害総論

【問7】平成29年度

 公害防止管理者試験 公害総論解説

平成29年度公害防止管理者試験公害総論の解説を解説をしています。

 

【問 7】

問 7  成層圏オゾンに関するア〜オの記述のうち,正しいものはいくつあるか。

ア 太陽からの強い紫外線によって酸素分子が解離して酸素原子となり,これが 酸素分子と反応してオゾンが生成する。

イ オゾンは主に波長 320 nm 以上の光を吸収して分解する。

ウ 塩素原子,臭素原子によってオゾンが連鎖的に分解する。

エ 塩素原子,臭素原子は,成層圏に到達したクロロフルオロカーボン,ハイド ロクロロフルオロカーボン,ハロンなどが強い紫外線で分解されて生成する。

オ オゾンが減少すると紫外線の地上への到達量が増え,人の健康に有害な影響 (皮膚がん,白内障など)を与えるが,植物の生長を促進させる効果がある。

 

⑴  1 ⑵  2 ⑶  3 ⑷  4 ⑸  5

 

【解答】(3)

 

ア オゾン層の生成について(以下、環境省HPより抜粋)

 ⇒正しい

高度20kmより上空では、強い紫外線により酸素分子が分解して酸素原子となり(図2- 法△修譴まわりの 別の酸素分子と結合してオゾンが生成されます(図2-◆法 一方でオゾンは酸素原子と反応して2つの酸素分子に変化し、消滅します(図2-)。 自然界のオゾンはこの生成と消滅のバランスにより濃度が保たれています。高度20kmより下では、オゾンの生成はほとんどありませんが、成層圏内の大気の流れによってオゾンが運ばれてきます。

イ オゾンの吸収波長について

 ⇒オゾン層破壊で影響を受ける紫外線は ”UV-B(315〜280ナノメートル)”

  であるので、誤り。

 

ウ オゾンの分解について

 ⇒正しい

 

エ オゾン層破壊のメカニズム

 ⇒正しい

 

オ 植物への影響

 ⇒悪影響を与えるので誤り(以下、環境省のHPより

UV-Bは植物の生長に対して負の影響を与えますが、植物の種類によって影響度は異なります。ほとんどの植物は、UV-Bの影響を低減させるためのメカニズムを持っています。例えば、紫外線を遮蔽するための化合物を合成したり、葉を厚くしたり、葉を保護するワックス層を変化させる方法などです。なお、UV-Bによって誘発される植物組成の変化は、植物を食べる動物や微生物を通じて生態系に影響を与えると指摘されています。

 ・公害防止管理者講座の紹介

 ・公害防止管理者の教材

 

【各種紹介コード】

 ⇒こちらに私の各種招待コードをまとめています。


コメント
コメントする