お役立ち情報

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

カテゴリー

月別記事一覧

【第84回エコラム】久井の岩海(国指定天然記念物)に行ってきました!

 先日、国指定天然記念物の久井の岩海に行ってきました!
この久井の岩海は広島県三原市久井町吉田というところにあります。

 
岩海(がんかい)の字そのもので、まるで岩の海のようでした。

久井の岩海とは(看板より引用)
昭和39年(1964年)、国指定天然記念物に指定された久井の岩海は、備南最高峰宇根山(標高699m)のふもと(標高480〜530m)にあり「ごうろ」とも呼ばれています。
傾斜のゆるい三条の谷間にそって、直径1m〜7mの巨石・怪石が重なり合って長く帯状に続き見事な景観です。
・ぜにがめ(銭亀)ごうろ  長さ 550m 幅 65m
・なか(中)ごうろ     長さ 350m 幅 35m
・おお(大)ごうろ    長さ 350m 幅 90m

岩海は、大きな岩盤が激しい気温の変化などで割れ(節理)にそってはがれて離れ、さらに風化して、丸みを帯びた岩石となって残っているもので気候による浸食作用を示すものとして学術上大変貴重なものです。
広島市民球場の約10倍(22ha)の面積を有する、日本最大規模の久井岩海自然公園をおとずれると、聞こえてくるのは野鳥のさえずりと風の音、水音峡に立てば岩の下深く流れる水の音も聞こえ神秘的です。
久井岩海は、四季を通して人々に安らぎを与えてくれる、まさに自然のオアシスです。
日本の地質百選選考委員会により地質百選(GEO100、ジオ100)にも選ばれています。


この久井の岩海がどのようにしてできたのかというと
花崗閃緑(かこうせんりょく)岩が風化し、風化してできた真砂土が水で流されてできたようです。
この久井の岩海が出来るまでの仕組みも、現地に看板が設置してあり、実際の岩を見ながら観察できるようになっていました。


実際に激しく割れている岩も、ごろごろありましたよ。
「あぁ〜、こうやって岩が風化していってるんだなぁ。自然の力ってすごいなぁ。」って自然の凄さを目の当たりにできます!!


久井の岩海について、めたのさえたも記事にしているので、そちらも併せてご覧ください。

地面の下を河が流れる音が聞こえる!!(久井の岩海がすごい4つのポイント)
「久井の岩海」特集 特設ページ

コメント
コメントする