お役立ち情報

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

カテゴリー

月別記事一覧

SDGsを知っておいてください!

最近、環境業界でホットなワードの一つに、SDGsという用語があります。環境について語るなら絶対に外せないワードなので、覚えておいたほうが良いと思います。簡単に解説しておきたいと思います。いずれ、公害防止管理者試験の公害総論などの中でも出題されそうですしね。

 

1.用語について

 用語:SDGs 

 正式名称:Sustainable Development Goals

 日本語名称:持続可能な開発目標

 

2.概要

 

以下に、外務省のホームページに掲載されている説明を転記しています。

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます(外務省HPより抜粋)。

 

少しわかりづらいですね。

 

このPDF資料(ppt)に簡単にまとめられていますので、

是非見てくださいね。

 

環境の専門家なら絶対に知っておきたい内容ですよ!


通信講座紹介の内容を訂正・更新しました

 

SATさんの通信講座の利点を表形式で、

紹介しました。

 

SATさんの教材の良いところは、めたのさえたの経験から、

映像/音声教材にあります。

 

そこをPRしました!

 

 

 ⇒通信講座(最速勉強法)の紹介ページ


保有資格を更新しました

めたのさえたが技術士(経営工学部門)になりましたので、

保有資格を更新しました。なんだかんだ言って、一番仕事に役立っているのは公害防止管理者だそうです。


2017年度 公害防止管理者ダイオキシン類・水質1種 合格体験談

2017年度 公害防止管理者等国家試験 ダイオキシン類・水質1種関係の合格体験談を環境太郎さんからいただきました。

使用した教材や勉強方法などがとても詳しく語られています。

また、併願合格の体験談となっているので、こらから併願も考えておられる方には是非参考にしていただきたいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(基本情報)
理系大学院生(専攻分野は環境科学)
学部時代は生物工学を学んでいました。
実務経験はありません。
(分析機器の使用経験もほとんどなし。)

(受験背景)
水質浄化や環境関連の法規に興味を持ったこと、また、環境計量証明事業所への就職を希望していたこともあり、水質4種・大気1種を受験・合格しました。
過去2回に渡る受験を経て、試験勉強のノウハウがかなり身に付いたと感じたこと、また、大学での研究でハロゲン化合物を扱っていることもあり、ダイオキシン類関係を受験することにしました。
また、試験の時間割を確認したところ、水質1種の2科目(水質有害物質特論・大規模水質特論)が併願できると分かったので、こちらも受験してみることにしました。

(今までの受験経歴)
2014年 水質関係第4種公害防止管理者国家試験合格
2015年 大気関係第1種公害防止管理者国家試験合格
※その他、環境計量士(濃度関係)も合格済み。

(試験結果)
◇ダイオキシン類関係
 公害総論 免除
 ダイオキシン概論 13/15 合格
 ダイオキシン特論 17/25 合格
◇水質関係1種
 公害総論 免除
 水質概論 免除
 汚水処理特論 免除
 水質有害物質特論 12/15 合格
 大規模水質特論 8/10 合格

(使用教材)
◇ダイオキシン類関係
(1)正解とヒント:平成24年度~平成28年度の過去問
(2)公害防止管理者試験 ダイオキシン類 精選問題:平成18~24年度の過去問(オーム社)
◇水質関係1種
(1)徹底攻略受験科目別問題集:水質有害物質特論と大規模水質特論を使用
(2)2017-2018年版 公害防止管理者試験 水質関係 攻略問題集公害防止管理者試験:平成23~28年度の過去問(オーム社)

(勉強期間・方法)
◇ダイオキシン類関係
科目ごとに勉強していった。
まず、(1)を3周程度解いた、2周目は重要箇所および間違えた箇所にマーカーと付箋を貼っていった。(概論についてはダイオキシン類の各異性体について、置換数・置換位置・TEF等が一目で分かる表を作成し、頻繁に復習した。)3周目は間違えた問題のみ解き、それ以外はマーカー部分のみ精読した。概論→特論の順に勉強。どちらも、1週間程度で完了した。
その後、約1週間かけて(2)を1周程度解き終えたところで試験日を迎えた。
◇水質関係1種
まず、(1)を3周程度解いた、2周目は重要箇所および間違えた箇所にマーカーと付箋を貼っていった。3周目は問題のみ解き進めていき、間違えたら周辺の解説部分を読み込んだ。有害物質(1ヶ月程度)→大規模(2週間程度)の順に勉強。
その後、(2)の有害物質を1周解いて復習((1)も用いながら)、大規模を少し解いたところで試験日を迎えた。

(感想など)
◇ダイオキシン類関係
・試験3週間前ぐらいから、ようやく勉強を始めたため、やや勉強不足であった。1ヶ月半あれば、かなり余裕を持って勉強できたと思う。
・(2)を3周して、全体をさらっと復習できたら、特論も8割は取れていたと思う。
・概論については、毒性等価係数(TEF)を答える問題など、頻出の暗記問題がある。これらを表にまとめ、繰り返し暗記できるようにしたことが高得点に繋がった。
◇水質関係1種
・こちらもダイオキシン類関係と同じく、勉強不足であったと感じた。水質有害物質特論の分析方法についての暗記が予想以上に大変だったため、勉強時間を多く割くことになり、結果として大規模水質の勉強が不十分になった。
・大規模水質については、神頼みの問題が多かったため、正解発表まで安心できなかった。(2)を2周解いておけば、試験終了直後に合格を確信できる程度にはなっていたと思う。
・有害物質は暗記する事項が非常に多いため、暗記の補助・確認という点で類似問題がまとまっている(2)は使いやすかった。ただし、網羅性・解説の充実度は(1)が遙かに勝っているため、メインの勉強テキストとしては(1)を用いることを推奨したい。


公害防止管理者試験 騒音・振動関係 問題集発売!

公害防止管理者等国家試験の「騒音・振動関係」の問題集が発売されました。

 

騒音・振動関係の問題集は数が少なく、最近は新しいものが発売されていなかったので、騒音・振動関係を勉強する方には朗報です!!

 

最新2017年まで過去5年分の試験問題を、試験科目ごとに分類・整理し、頻出・重要問題をていねいに解説しているので、この1冊で試験傾向の把握と対策が行えます!

 

騒音・振動関係の勉強を考えておられる方是非参考にしてみてください。

 

公害防止管理者試験 騒音・振動関係 攻略問題集  川村康文 オーム社 3,456円

 


<< | 2/67 PAGES | >>